コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高知県吾川郡いの町 いの〈ちょう〉

1件 の用語解説(高知県吾川郡いの町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕いの〈町〉(いの〈ちょう〉)


高知県中部に位置する町。北部で愛媛県に接する。吾川(あがわ)郡
2004年(平成16)、土佐郡本川村と、吾川郡伊野町、同吾北村が合併して成立。北部は平均標高800メートルの高冷地。旧・伊野町は古くから製紙業が盛んな地域で、土佐七色紙の発祥地。仁淀(によど)川の両岸に、パルプ・製紙工場が並ぶ。北部の山間地帯では林業、養蚕、土佐赤牛の飼育や、茶・ワサビシイタケコンニャク・ユズなどの栽培、キジ・アマゴの養殖などが行われる。和紙の原料であるコウゾミツマタもつくられる。吉野川本流は大橋・長沢両ダム、支流に大森川ダムがあり、水力発電所も多い。弥生時代中期末のバーガ森北斜面遺跡、国指定重要文化財の山中家住宅土佐和紙の歴史を紹介する紙の博物館グリーンパークほどの、ギャラリー・コパがある。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高知県吾川郡いの町の関連情報