コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高知県大豊町

1件 の用語解説(高知県大豊町の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高知県大豊町

四国三郎の異名を持つ吉野川の源流域で、総面積315平方キロメートルのうち山林が88%を占める山岳地帯。1955年、4村合併で大豊村になり、72年に町制施行。戦後は木材を都市に供給し、農業や製炭、養蚕でにぎわった。55年の人口は2万人を超えたが、高度成長期から都市への人口流出が止まらず、2月末現在の人口は約5700人。高齢化率は約50%で、全国の自治体で5番目に高い。

(2006-03-27 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高知県大豊町の関連情報