コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高知県安芸郡東洋町 とうよう〈ちょう〉

1件 の用語解説(高知県安芸郡東洋町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕東洋〈町〉(とうよう〈ちょう〉)


高知県東部、徳島県境に接する太平洋に面した町。安芸(あき)郡
沿岸マグロ延縄(はえなわ)漁・定置網漁とイネの早期栽培が行われる。ポンカンが特産品。第3セクター阿佐海岸鉄道が徳島県側から甲浦(かんのうら)駅まで延び、釣り・海水浴・サーフィン客を集める。中でも生見(いくみ)海岸は日本屈指のサーフィンスポットとして知られる。名留川(なるかわ)観音堂古仏群、奈半利町まで続く野根山(のねやま)街道がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高知県安芸郡東洋町の関連キーワード安芸三嶺表日本高知土佐清水三沢高知[県]白糠[町]東洋[町]徳島[県]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高知県安芸郡東洋町の関連情報