高知県幡多郡黒潮町(読み)くろしお〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕黒潮〈町〉(くろしお〈ちょう〉)


高知県南西部、土佐湾に臨む町。幡多(はた)郡
2006年(平成18)、同郡佐賀町と大方町が合併して成立。佐賀地区では、古くは捕鯨、現在は沿岸・近海カツオ一本釣りなどの漁業が基幹産業。シメジ・ニラ・ミカンの栽培、天然塩の生産も行われる。大方地区では稲作、タバコ・ラッキョウ・キュウリ・温室メロンや花卉(かき)の栽培が盛ん。国指定名勝の入野松原(いりのまつばら)一帯は、土佐西南大規模公園が整備され、沖合でのホエールウオッチング観光が人気。鹿島ヶ浦に浮かぶ鹿島は自然環境保護区域。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android