高知県幡多郡黒潮町(読み)くろしお〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕黒潮〈町〉(くろしお〈ちょう〉)


高知県南西部、土佐湾に臨む町。幡多(はた)郡
2006年(平成18)、同郡佐賀町と大方町が合併して成立。佐賀地区では、古くは捕鯨、現在は沿岸・近海カツオ一本釣りなどの漁業が基幹産業。シメジ・ニラ・ミカンの栽培、天然塩の生産も行われる。大方地区では稲作、タバコ・ラッキョウ・キュウリ・温室メロンや花卉(かき)の栽培が盛ん。国指定名勝の入野松原(いりのまつばら)一帯は、土佐西南大規模公園が整備され、沖合でのホエールウオッチング観光が人気。鹿島ヶ浦に浮かぶ鹿島は自然環境保護区域。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android