高知県須崎市(読み)すさき〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕須崎〈市〉(すさき〈し〉)


高知県中部、土佐湾に面する市。
水深のある須崎港は漁港や商港として発展し、木材・セメントなどの工場がある。柑橘(かんきつ)類栽培や浦ノ内湾でのハマチ養殖が盛ん。国指定史跡の土佐藩砲台跡、大谷のクス(国指定天然記念物)、ぼけ封じ観音と呼ばれる大善(だいぜん)寺(真言宗)がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高知県須崎市の関連情報