高知県高知市浦戸(読み)うらど

日本の地名がわかる事典の解説

〔高知県〕浦戸(うらど)


高知県高知市にある地名。
浦戸湾湾口に延びた小半島を占める。『土佐日記』に登場する古くからの海上交通の要衝。1596年(慶長元)スペイン船サン・フェリペ号が漂着した地として知られる。東端の桂浜は市内随一の観光地。対岸の種崎との間に浦戸大橋が架かる。桂浜公園、桂浜水族館高知県立坂本龍馬記念館、坂本龍馬像、土佐闘犬センター、一領具足供養の碑と六体地蔵がある石丸神社、浦戸城跡がある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android