高速バスの規制強化

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高速バスの規制強化

2012年4月の関越道高速ツアーバス事故で、運転手が1人で長距離運転を強いられ、運行責任の所在も不明確だった状況が表面化。国交省は制度を見直し、参入が容易な高速ツアーバスの業態を廃止し、許可制バス停の確保や路線図作製が必要な高速路線バスに昨年8月から一本化した。委託が受けられるのも実績がある事業者に限り、運転手1人の運行可能距離も原則、夜は400キロ、昼は500キロまでとするなど様々な規制強化を進めた。

(2014-03-23 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android