コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速ページモード

1件 の用語解説(高速ページモードの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

高速ページモード

DRAMの持つ転送モードの一種で、単なるページモードから、DRAM内部の回路を工夫することにより高速化されている。DRAMに列アドレスを入力してから信号ピンにデータが出力されるまでの時間を、CAS(Column Address Strobe)アクセスタイムという。高速ページモードでは、このCASアクセスタイムが短縮されている。256Kbit DRAMの第二世代目で、回路がnMOSからCMOSへ切り替わったときから、DRAMは高速ページモードを備えるようになった。高速ページモードを備えるDRAMは、FPM DRAMまたはFP DRAMなどと呼ばれることもある。これを改良して、さらにページモードでの転送レートを高めたのがEDO DRAMである。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

高速ページモードの関連キーワードエルピーダメモリページモードシンクロナスDRAMDRAM半導体メモリーEDO DRAMFast PageBEDO DRAMSDRAMFeRAM

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone