高速ページモード

ASCII.jpデジタル用語辞典「高速ページモード」の解説

高速ページモード

DRAMの持つ転送モードの一種で、単なるページモードから、DRAM内部の回路を工夫することにより高速化されている。DRAMに列アドレスを入力してから信号ピンにデータが出力されるまでの時間を、CAS(Column Address Strobe)アクセスタイムという。高速ページモードでは、このCASアクセスタイムが短縮されている。256Kbit DRAMの第二世代目で、回路がnMOSからCMOSへ切り替わったときから、DRAMは高速ページモードを備えるようになった。高速ページモードを備えるDRAMは、FPM DRAMまたはFP DRAMなどと呼ばれることもある。これを改良して、さらにページモードでの転送レートを高めたのがEDO DRAMである。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android