コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速道路の新料金体系

1件 の用語解説(高速道路の新料金体系の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高速道路の新料金体系

前原誠司国土交通相は9日に(1)車種別に普通車2千円、エコカーや軽自動車は1千円などの「上限料金」を設定し、平日、休日やETC搭載の有無を問わず適用する(2)本四高速フェリー業界に配慮して普通車の上限が3千円、などとする新料金案を公表した。一部で値上げになる場合があるため、21日の政府・民主党首脳会談で党側が見直しを求めたことを受け、鳩山由紀夫首相は政府内で再検討する考えを示した。しかし、前原国交相は22日に首相らと会談後、「料金案を現時点で見直さないことについて了解を得た。国会審議を踏まえ国交省で総合的に検討する」と述べるなど、政府の対応が揺れている。

(2010-04-23 朝日新聞 朝刊 山口 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高速道路の新料金体系の関連キーワード国土交通省国土交通大臣国幹会議国土交通大臣免許前原誠司個所付け高速道路の休日上限1千円制度高速道路の新料金制度多度津町沖のヘリコプター墜落事故扇千景

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone