コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速道路の新料金制度

1件 の用語解説(高速道路の新料金制度の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高速道路の新料金制度

今年4月、前原誠司国交相が発表。一部区間を除いて全国一律の上限料金(普通車2千円、大型車5千円)を設け、一定の距離以上はいくら走っても料金が上がらない。ただ、現行の時間帯割引などが廃止され、近距離利用者には実質値上げとなる。さらに瀬戸大橋など本州四国連絡道路の料金は別枠で、普通車の上限料金が他より高い3千円に設定された。

(2010-06-19 朝日新聞 朝刊 岡山全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高速道路の新料金制度の関連情報