コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高速道路新料金体系

1件 の用語解説(高速道路新料金体系の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高速道路新料金体系

6月中に導入され、車種により1千~1万円の上限額を設け、一定距離を超えると上がらなくなる。「休日上限1千円」など現行の割引は原則廃止され、値上げになるケースもある。本州四国連絡橋フェリー会社への配慮から、別料金のうえ、上限が普通車3千円に設定され、他の高速道路の2千円より高い。

(2010-04-19 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高速道路新料金体系の関連キーワード常会ハイパーチャージ単位株制度車種DST同時形質導入クラトテイパル緑色岩相ホスピスの費用(自動車の)用途・車種

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone