コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高麗笛∥狛笛 こまぶえ

世界大百科事典 第2版の解説

こまぶえ【高麗笛∥狛笛】

竹製の横笛の一種。古くは〈籥〉〈伎横笛(くれのよこぶえ)〉とも記された。雅楽の高麗楽に用い,東遊(あずまあそび)では廃絶した東遊笛の代りに使われる。構造や奏法は竜笛に準ずるが,指穴の数は6。長さ約36cm,尾端の口径が1cm弱で,竜笛より細く短い。歌口と指穴の部分を除いて樺巻または籐巻を施し,管の内壁に漆を塗り,頭端に青地錦を張る。音域は2点嬰ニから4点ホまでの約2オクターブで,竜笛より長2度高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の高麗笛∥狛笛の言及

【高麗楽】より

…日本に定着した朝鮮系統の楽舞で,雅楽の主要種目の一つ。通常は唐楽に対する語として用い,狛楽とも記す。元来は古代の日本に伝来した大陸系諸楽舞のうち,高句麗からのものを高麗楽と称した。この高麗楽は,新羅楽・百済楽とあわせて三韓楽と総称され,現行の高麗楽の母体となったものである。高句麗直伝を意味する〈高麗楽〉の用例は,雅楽寮の記事に多くみられる。それによると使用楽器は横笛,莫牟(まくも)(管楽器の一種),箜篌(くご),鼓などであった。…

【笛】より

…〈ふきえ(吹柄,吹枝)〉の意から生じたともいわれる古来の言葉で,元来は吹いて鳴らす楽器一般を指し,吹奏楽器とか管楽器など近代の用語とも範囲がほぼ重なる。しかし日本では,それらのなかでもいわゆる横笛の類が多用され,とくに親しまれてきたため,笛といえば横笛のことという観念もまた強い。 横笛とは竜笛(りゆうてき),能管篠笛等々を指す俗称で,演奏時の構えに由来する呼び方であるが,原理的・構造的にも共通性があり,和楽器以外(たとえば洋楽のフルート)にも適用が可能である。…

※「高麗笛∥狛笛」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報