高齢者の医療費助成制度

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高齢者の医療費助成制度

岩手県沢内村(現・西和賀町)が60年に65歳以上の医療費無料化を始め、69年に東京都が無料化に踏み切ったのを機に、全国の都道府県に広がった。主に70歳以上の高齢者が対象だった。73〜83年は国の制度として70歳以上が無料化されていたため、それを補う形で下の年代に助成する自治体が多かった。全国保険医団体連合会の調べでは、91年10月に24都道府県が何らかの助成をしていたが、07年4月には、経過措置として残しているところを含めて16道府県に減っていた。

(2008-05-25 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android