高齢者見守りネット(読み)こうれいしゃみまもりねっと

知恵蔵の解説

高齢者見守りネット

高齢者を悪質商法から守るための、パソコンや携帯電話のメールを使った悪質商法早期警戒システム。2006年8月より実施。各地の消費生活センターの相談員が、警戒が必要と感じた相談を、直接内閣府にメールで情報送付する。内閣府はこれらの情報を集約し、必要と判断すればこのシステムに登録した高齢者や家族、またホームヘルパー協議会、在宅介護支援センターなどにメールで素早く注意喚起を促す。

(篠崎悦子 ホームエコノミスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高齢者見守りネットの関連情報