髪切虫・天牛(読み)かみきりむし

大辞林 第三版の解説

かみきりむし【髪切虫・天牛】

カミキリムシ科の甲虫の総称。体長数ミリメートルないし十数センチメートル。体は細長く、触角は糸状で非常に長い。発達した大あごをもち、細枝などをかみ切ることができる。胸部の発音板をすり合わせてキイキイと発音する。幼虫は鉄砲虫と呼ばれ、その多くは木材に穴を開けて内部を食害する樹木害虫。世界各地に約三万種が分布し、日本にはノコギリカミキリ・シロスジカミキリなど約750種がいる。毛切り虫。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android