コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚住為楽(3代) うおずみ いらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魚住為楽(3代) うおずみ-いらく

1937- 昭和後期-平成時代の鋳金家。
昭和12年11月7日生まれ。祖父の初代魚住為楽に砂張(さはり)(銅と錫の合金)加工技術をまなぶ。昭和37年日本伝統工芸会会員。平成10年「砂張千筋文様水指」で日本伝統工芸展文部大臣賞。深い余韻を特色とする銅鑼(どら)を制作する。14年3代魚住為楽を襲名,同年銅鑼で人間国宝。石川県出身。本名は安彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

魚住為楽(3代)の関連キーワードマキノ雅広山本嘉次郎日中戦争清水宏島津保次郎久松静児斎藤寅次郎渋谷実中国映画豊田四郎

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android