コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚住為楽(3代) うおずみ いらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魚住為楽(3代) うおずみ-いらく

1937- 昭和後期-平成時代の鋳金家。
昭和12年11月7日生まれ。祖父の初代魚住為楽に砂張(さはり)(銅と錫の合金)加工技術をまなぶ。昭和37年日本伝統工芸会会員。平成10年「砂張千筋文様水指」で日本伝統工芸展文部大臣賞。深い余韻を特色とする銅鑼(どら)を制作する。14年3代魚住為楽を襲名,同年銅鑼で人間国宝。石川県出身。本名は安彦。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

魚住為楽(3代)の関連キーワード日中戦争中国映画バッジ日活(株)華北分離工作朝鮮映画東宝(株)広田弘毅内閣文化勲章中井正一

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone