コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚住為楽(3代) うおずみ いらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

魚住為楽(3代) うおずみ-いらく

1937- 昭和後期-平成時代の鋳金家。
昭和12年11月7日生まれ。祖父の初代魚住為楽に砂張(さはり)(銅と錫の合金)加工技術をまなぶ。昭和37年日本伝統工芸会会員。平成10年「砂張千筋文様水指」で日本伝統工芸展文部大臣賞。深い余韻を特色とする銅鑼(どら)を制作する。14年3代魚住為楽を襲名,同年銅鑼で人間国宝。石川県出身。本名は安彦。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android