魚倉・魚艙(読み)ぎょそう

精選版 日本国語大辞典の解説

ぎょ‐そう ‥サウ【魚倉・魚艙】

〘名〙 漁船で漁獲物をしまっておく所。大型漁船では冷凍設備が完備している。
※遙かな国遠い国(1960)〈北杜夫〉二「魚艙を一杯にすると基地にとって返し、魚をおろし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android