魚子・魶子・斜子・七子(読み)ななこ

精選版 日本国語大辞典の解説

な‐な‐こ【魚子・魶子・斜子・七子】

〘名〙 (魚(な)の子の意という)
① 金属彫刻法の一つ。金属面に、魚の腹子のような粒を並べたように、細かい突起物を特殊な鏨(たがね)で浮き出させたもの。刀の装飾などに用いられた。なのこ。〔文明本節用集(室町中)〕
※俳諧・花洛六百句(1680)「すれた奴思ひ捨たるうつせ貝〈千之〉 斜子(ナナコ)つぶれて袖の波よる〈友吉〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android