コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚島[村] うおしま

世界大百科事典 第2版の解説

うおしま【魚島[村]】

愛媛県北東部,越智(おち)郡の村。人口351(1995)。燧(ひうち)灘の中央部に位置する魚島,高井神島と無人島の江ノ島および属島からなる。魚島は古くは沖島と呼ばれたが,元禄期(1688‐1704)以降,魚島と称するようになる。本土や他の島嶼(とうしよ)から隔絶しているため,漁業以外見るべき産業はない。藩政時代にはタイ漁が盛んで,第2次世界大戦前には朝鮮海域にも出漁したが,近年出漁は小規模化し,ノリ,タイなどの養殖漁業が活発である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android