魚梁瀬森林鉄道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

魚梁瀬森林鉄道

県東部の安田川、奈半利川沿いの3町2村を結び、支線を含めた総延長は300キロを超え、国内有数の規模を誇った。木材のトラック輸送への切り替えが進み、1963年に姿を消した。橋やトンネルなどの遺構9件が経済産業省近代化産業遺産群に登録され、14施設が国の重要文化財に指定されている。遺構の一部は現在も県道で使用されている。

(2016-10-26 朝日新聞 朝刊 高知全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚梁瀬森林鉄道の関連情報