コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魯迅(ルーシュン)(ろ・じん)(1881〜1936)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

魯迅(ルーシュン)(ろ・じん)(1881〜1936)

中国近代文学を切り開いた作家、思想家。本名は周樹人(チョウシューレン)。代表的な小説に「狂人日記」「故郷」「阿Q正伝」などがあり、詩や散文、社会批評も数多い。ゴーゴリなど海外の作家の翻訳でも知られた。浙江省紹興で生まれ、やはり文学者として高名な周作人(チョウツオレン)は実弟。ともに日本と深くかかわった。1902年から09年にかけ、留学生として日本に滞在。近代化を目の当たりにした。夏目漱石の旧居に住んだこともある。この間、04年9月から06年3月までは仙台医学専門学校(現・東北大学医学部)に学んだ。北京大学などで教壇に立ち、30年には左翼作家連盟に参加。死去までの9年ほどを過ごした上海では内山書店の内山完造と交流を深めた。

(2007-10-02 朝日新聞 朝刊 東特集C)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

魯迅(ルーシュン)(ろ・じん)(1881〜1936)の関連キーワード野草(魯迅の散文集)シャンハイムーン広州の魯迅記念館上海の魯迅公園紹興の魯迅故居青島の魯迅公園エロシェンコ藤野 厳九郎魯迅と周作人柴田錬三郎今村与志雄ルーシュン咸亨酒店新村 徹小田岳夫三味書屋許 広平増田 渉瞿秋白白毛女

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android