コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魴鮄・竹麦魚 ほうぼう

1件 の用語解説(魴鮄・竹麦魚の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ほうぼう【魴鮄・竹麦魚】

カサゴ目の海魚。全長約40センチメートル。頭は大きく角張り、尾に向かって細くなる。微細な円鱗におおわれ、体色は紫褐色で赤色斑がある。胸びれは大きく、緑色の地に青色斑があり美しい。胸びれの下部が歩脚状になり、海底をさぐって餌えさをとる。うきぶくろを使って鳴く。食用にして美味。日本各地の沿岸の砂泥底に分布。近縁種のカナガシラは鱗うろこが大きく、胸びれに斑紋がないことで区別できる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone