鯇魚・江鮭・雨魚(読み)あめのうお

精選版 日本国語大辞典の解説

あめ‐の‐うお ‥うを【鯇魚・江鮭・雨魚】

〘名〙
① サケ科の淡水魚。ビワマスの別称で、とくに産卵期に第二次性徴を現わしたものの呼称。全長約五〇センチメートルに達する。琵琶湖およびその流入河川の特産であるが、近年では各地に移殖されている。背は蒼黒色で小さな黒斑が散在し、腹は銀白色。一一月頃河川に遡上し、産卵する。あめます。あめうお。あめのいお。《季・秋》
※延喜式(927)三一「諸国例貢御贄〈略〉近江〈郁子、氷魚、鮒、鱒、阿米魚(アメのうを)〉」
② 魚「きす(鱚)」の異名。〔物類称呼(1775)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android