鯒・牛尾魚(読み)こち

精選版 日本国語大辞典「鯒・牛尾魚」の解説

こち【鯒・牛尾魚】

〘名〙 コチ科の海魚。全長五〇センチメートルに達する。体は細長く、上下に著しく扁平。頭部が大きく尾部は細い。体色は背面が褐色の地に灰褐色の小斑点が散在し、腹面は白い。沿岸の砂地にもぐって生活し、エビ、カニなどを捕食。本州中部以南からインド洋まで分布。食用となり、夏に美味。近縁種のメゴチ、イネゴチなどを含めていうこともある。まごち。《季・夏》 〔続草庵集(1366頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android