コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鯨偶蹄類(くじらぐうているい) くじらぐうているい Cetartiodactyles

1件 の用語解説(鯨偶蹄類(くじらぐうているい)の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

鯨偶蹄類(くじらぐうているい)

クジラの祖先はメソニクス科(無肉歯目)か偶蹄目かという起源の問題は久しく論争されてきた。原鯨類では歯がメソニクス科に類似することなどで類縁関係が示唆されていた。ところが、2001年秋にパキスタンからロドケタスとアルチオケタスが発掘記載され、足首の距骨の形態は偶蹄類のものであった。偶蹄類では走る時に足首が横に動かぬように、すねとかかとの骨をつなぐ2つの関節面がそれぞれ滑車のようになっている。その後発掘されたパキケタスとイクチオレステスの距骨も滑車型であった。分子生物学の抗原・抗体反応法やサイン法によって偶蹄類説が主張されている。このようにして、近年では、クジラ目と偶蹄目を同じグループにまとめた鯨偶蹄類が提案されている。

(小畠郁生 国立科学博物館名誉館員 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鯨偶蹄類(くじらぐうているい)の関連キーワード鯨油原鯨類化石赤坊鯨克鯨槌鯨ミンク鯨目くじらワディエルヒータンナガスクジラ油クジラ渓谷

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone