鯱・鱐(読み)しゃちほこ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 想像上の海獣。頭はトラに似、背にはとげがあって形は魚に似たものという。〔文明本節用集(室町中)〕
② 城郭などの大棟(おおむね)の両端につける魚形の飾り瓦。①が海に住むところから防火の効があるとされ、そのさかだちした形に作ったもの。鴟尾(しび)の変形という。しゃちほこがわら。しゃちがわら。
※雑俳・楊梅(1702)「鱐に金のひかりは城のひれ」
③ 「しゃち(鯱)」の別名
※和漢三才図会(1712)五一「鯨(くじら)〈略〉有魚虎(シャチホコ)。其歯鰭如剣鉾

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android