鰓・腮・顋(読み)えら

大辞林 第三版の解説

えら【鰓・腮・顋】

水生動物の呼吸器官。体表が櫛くし状または格子状に突出し、これに血管が分布していて水中から酸素をとる。排出と浸透圧調節の機能をもつものもある。脊椎動物では両生類の幼生と魚類にある。
人の顎あごの両横のはし。 「 -の張った顔」
[句項目] 鰓が過ぎる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えら【鰓・腮・顋】

〘名〙
① 水中生活をする魚類、軟体動物、甲殻類、両生類などの呼吸器官。ふつう、器官は体表に突出し、外界の水流に触れて酸素をとる。櫛状、または格子状で表面積を増大している。あぎと。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② (人のあごを魚のえらにみたてて) 両あごの下の所。また、「口」「言葉」を卑しめていう語。→鰓が過ぎる
※洒落本・花街鑑(1822)下「よくよく腮褶(ヱラ)に余ったと見へて箸を捨たの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android