コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰲巓道契

美術人名辞典の解説

鰲巓道契

幕末・明治の僧。尾張生。鰲巓は道号道契は諱、別号に瑞応軒、俗姓は伊藤、のち関を自称する。10才で出家し、尾張の禅隆寺、肥後の見性寺、豊後多福寺に住した。蘇山玄喬に参じる。明治4年大教正に叙せられ、妙心寺派初代管長となる。明治24年(1891)寂、78才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

鰲巓道契の関連キーワード関実叢

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android