コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰲巓道契

美術人名辞典の解説

鰲巓道契

幕末・明治の僧。尾張生。鰲巓は道号、道契は諱、別号に瑞応軒、俗姓は伊藤、のち関を自称する。10才で出家し、尾張の禅隆寺、肥後の見性寺、豊後の多福寺に住した。蘇山玄喬に参じる。明治4年大教正に叙せられ、妙心寺派初代管長となる。明治24年(1891)寂、78才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone