コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鰹木・堅魚木 かつおぎ

大辞林 第三版の解説

かつおぎ【鰹木・堅魚木】

神社などの建物で、棟木の上に、棟と直交させて並べた装飾の短材。古く大棟を押さえるために置いたものの名残。断面は円・角など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鰹木・堅魚木の関連キーワード装飾名残断面棟木大棟