コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱒の介 ますのすけ

大辞林 第三版の解説

ますのすけ【鱒の介】

〔マスの大将の意〕
サケ目の海魚。全長2メートルに達し、サケ・マス類では最大。背面は青緑色、腹面は銀白色。背面から尾びれにかけて、黒点が散在する。美味。北太平洋に広く分布し、産卵時に川をのぼる。キング-サーモン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鱒の介の関連キーワードサーモン銀白色尾びれ黒点海魚背面サケ腹面

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android