コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鱝・鱏・海鷂魚 えい

大辞林 第三版の解説

えい【鱝・鱏・海鷂魚】

軟骨魚類のエイ目の総称。体形は扁平でほぼ菱形に近いものが多い。胸びれは側方に大きく広がり、目は背面に、口と鰓孔えらあなは腹面にある。尾はきわめて細長く、基部に毒針をもつものもいる。アカエイ・イトマキエイ・ガンギエイ・シビレエイなど世界に約350種、日本近海に約50種がいる。多くは熱帯から温帯の海域に分布。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

鱝・鱏・海鷂魚の関連キーワード軟骨魚類胸びれ総称海域熱帯分布体形温帯腹面側方毒針菱形基部

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android