鳥ノ海(読み)とりのうみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳥ノ海
とりのうみ

宮城県南東部、亘理(わたり)郡亘理町にある潟湖(せきこ)。鳥の海とも表記される。阿武隈(あぶくま)川河口の荒浜(あらはま)南方にあり、面積1.5平方キロメートル。近世には沿岸の鳥屋崎(とりやざき)浜に塩田が開かれ、製造戸数160を数えたこともあるが、明治以降衰えた。河口の荒浜漁港にかわり鳥ノ海に新漁港が建設されたが、規模は小さい。ノリ・カキの養殖、貝類の潮干狩が行われ、付近にはレクリエーション施設も建設されている。[長谷川典夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の鳥ノ海の言及

【鳥海山】より

…日本海岸にまですそ野が広がる秀麗な成層火山で,出羽富士,秋田富士とも呼ばれる。最高峰の新(しん)山(2237m)を中央火口丘として七高(しちこう)山,伏拝(ふしおがみ)岳などの外輪山がこれをかこむ東鳥海火山と,火口湖の鳥ノ海を中心とする西鳥海火山の二つの火山体からなる。新山は1801年(享和1)に噴火して形成されたので,享和岳とも呼ばれている。…

※「鳥ノ海」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる