コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥刺し・鳥刺(読み)とりさし

大辞林 第三版の解説

とりさし【鳥刺し・鳥刺】

鳥黐とりもちを塗った竿を用いて小鳥を捕らえること。また、その人。
江戸幕府の役名。鷹匠に属し、鷹の餌にする小鳥を供したもの。
鳥黐で鳥をとるまねをする踊りや万歳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android