コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取・青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡 とっとりあおやかみじちいせき

1件 の用語解説(鳥取・青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

鳥取・青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡

長さ7.2m以上の望楼の柱などとされる建材が2006年11月に確認され、さらに脚光を浴びている鳥取市の大規模な弥生時代集落遺跡。2世紀ごろ(弥生後期)の杉の建材で、直径17cmで2カ所に方形の木組み用らしい穴が開けられている。同遺跡からは殺傷跡のあるものを含む弥生人骨92体や脳の一部、中国製品を含む約250点の鉄器、中国の「貨泉(かせん)」をはじめとする青銅製品、絹製品、卜骨(ぼっこつ)、精巧な木製品、護岸のような施設跡などが発見されている。一部の人骨は韓国南部出土の人骨との共通性が指摘され、日本海を越えた交流などが次第に解き明かされつつある。

(天野幸弘 朝日新聞記者 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥取・青谷上寺地(あおやかみじち)遺跡の関連キーワードリボン倚門の望心の柱望楼天守射流キャスト不適合接道路地状敷地サンマ漁前面道路

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone