コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取城攻防戦

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鳥取城攻防戦

1580年6月、鳥取城主だった山名豊国は、織田方に降伏。これを不服とした重臣たちが同年9月、豊国を追放し、再び毛利方についた。翌年3月に吉川経家を城主に迎えたが、織田方が兵糧を持ち帰るなどしたため、兵糧が不足していた。同年7月、羽柴秀吉が再び侵攻。経家は、冬まで城に立てこもる戦術をとったが、救援ルートはすべて断たれ、同年10月に城兵の命と引き換えに経家が切腹し落城した。遺書で、自らの置かれた状況を「日本二(ふた)ツ之(の)御弓矢境(おんゆみやさかい)」と表現したことは、今も鳥取城跡説明文に残る。

(2007-06-25 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

鳥取城攻防戦の関連キーワードアビス朝一向一揆アビス朝アク・ナザル・ハンアビス朝石山戦争加賀一向一揆鳥取(市)ポルタ(Giacomo della Porta)モンゴル(国)

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android