コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取城攻防戦

1件 の用語解説(鳥取城攻防戦の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鳥取城攻防戦

1580年6月、鳥取城主だった山名豊国は、織田方に降伏。これを不服とした重臣たちが同年9月、豊国を追放し、再び毛利方についた。翌年3月に吉川経家を城主に迎えたが、織田方が兵糧を持ち帰るなどしたため、兵糧が不足していた。同年7月、羽柴秀吉が再び侵攻。経家は、冬まで城に立てこもる戦術をとったが、救援ルートはすべて断たれ、同年10月に城兵の命と引き換えに経家が切腹し落城した。遺書で、自らの置かれた状況を「日本二(ふた)ツ之(の)御弓矢境(おんゆみやさかい)」と表現したことは、今も鳥取城跡の説明文に残る。

(2007-06-25 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥取城攻防戦の関連キーワード山名豊国豊国神社吉川経家豊国派山名旧岡崎邸宮部長煕山名勝豊山名豊国妻山名義範

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone