コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取県八頭郡智頭町 ちづ〈ちょう〉

1件 の用語解説(鳥取県八頭郡智頭町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕智頭〈町〉(ちづ〈ちょう〉)


鳥取県南東部、千代(せんだい)川上流域の小盆地一帯を占める町。八頭(やず)郡
町域の約9割を山林が占める。近世には因幡(いなば)街道と備前街道の宿場町として発展。智頭往来・志戸坂峠越は国指定史跡。智頭杉の美林が茂り、製材業・木工業のほかナシ・花卉(かき)などを栽培。兵庫県上郡(かみごおり)駅まで智頭急行が通じる。那岐(なぎ)山・芦津(あしづ)渓谷は氷ノ山後山(ひょうのせんうしろやま)那岐山国定公園の景勝地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥取県八頭郡智頭町の関連キーワード千代川鳥取平野黒四ダム小安峡厳選大山牧場特選大山山麓鳥取大丸智頭[町]鳥取[市]若桜[町]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥取県八頭郡智頭町の関連情報