鳥取県境港市(読み)さかいみなと〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕境港〈市〉(さかいみなと〈し〉)


鳥取県北西端の市。
弓ケ浜(ゆみがはま)半島北部を占める。境(さかい)水道大橋により日本海側有数の漁港をもつ。江戸時代中期から西廻(にしまわ)り海運の寄港地、近代以降は定期航路の要港、朝鮮半島との貿易港として繁栄。日本海の大和堆(やまとたい)などを漁場とする沖合イカ・イワシ漁の基地で、水産加工業が発達。ベニズワイガニの水揚げ量は日本有数。北洋材の輸入・加工も盛ん。南部の米子(よなご)市境に米子空港がある。漫画家・水木しげるの出身地で、JR境港駅前には水木のデザインした妖怪のブロンズ像が並ぶ水木しげるロードがある。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥取県境港市の関連情報