コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取県東伯郡三朝町 みささ〈ちょう〉

1件 の用語解説(鳥取県東伯郡三朝町の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕三朝〈町〉(みささ〈ちょう〉)


鳥取県中部、天神川上流域の町。東伯(とうはく)郡
山陰地方屈指の大温泉で放射能泉として名高い三朝温泉を中心に観光業が発展。ナシ・リンゴサンショウほかの農産物や木工品が特産物。国指定名勝かつ史跡の三徳(みとく)山がある。山中には三仏(さんぶつ)寺(天台宗)があり、投入(なげいれ)堂は国宝に指定。国指定名勝の小鹿渓(おじかけい)がある。三朝温泉で毎年5月に行われる花湯祭の大綱引きが有名。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鳥取県東伯郡三朝町の関連キーワード天神川三朝温泉倉吉小海ボニート赤碕[町]東伯[町]羽合[町]北条[町]下山[村]

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鳥取県東伯郡三朝町の関連情報