鳥取県東伯郡湯梨浜町(読み)ゆりはま〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕湯梨浜〈町〉(ゆりはま〈ちょう〉)


鳥取県中部にある町。東郷(とうごう)湖の周囲を占め、日本海に面する。東伯(とうはく)郡
2004年(平成16)10月、東伯郡の羽合(はわい)町、泊村、東郷町が合併して成立。泊地区は伯耆(ほうき)街道の旧宿場町。泊漁港を基地とする沿岸刺し網漁と畜産、二十世紀ナシやスイカ・イチゴ・ブドウなど果物の栽培が盛ん。石脇に栽培漁業センターがある。東郷湖畔にははわい温泉、東郷温泉がわく。日本最大級の中国式庭園・燕趙園(えんちょうえん)、国指定名勝の尾崎氏庭園がある。泊にある公園潮風の丘とまりは、グラウンドゴルフ発祥地として知られる。アメリカのハワイ郡と姉妹都市の提携を結ぶ。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android