鳥取県東伯郡琴浦町(読み)ことうら〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕琴浦〈町〉(ことうら〈ちょう〉)


鳥取県中部にある町。南部に大山(だいせん)から連なる山々に囲まれ、北部は日本海に面する。東伯(とうはく)郡
2004年(平成16)9月、東伯郡の東伯町、赤碕町が合併して成立。畜産のほか、二十世紀ナシ・スイカ・ミニトマトなどの栽培が盛ん。赤碕港はイワシ巻き網漁の基地で、水産加工業も行われる。奈良時代創建の斎尾(さいのお)廃寺跡は国の特別史跡に指定。古戦場の船上(せんじょう)山から烏ケ山(からすがせん)にかけての地域は大山隠岐(おき)国立公園に属する。加勢蛇(かせいち)川上流の大山滝(だいせんだき)は日本の滝100選に選ばれている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android