コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥取県米子市(読み)よなご〈し〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕米子〈市〉(よなご〈し〉)


鳥取県北西部の市。
日野川下流域と弓ケ浜半島南部を占める。2005年(平成17)3月、旧・米子市と西伯(さいはく)郡の淀江町が合併して現在の姿となる。海陸交通の要地で、江戸時代初期は城下町、のち木綿・鉄・木材などの集散地として発展。タバコ製造・電機・製紙などの工場がある。商圏は広く、島根県安来(やすぎ)市に及ぶ。稲作・畜産のほか、二十世紀ナシ・ニンジン・花卉(かき)栽培などが行われ、弓ケ浜半島では白ネギや葉タバコの栽培が盛ん。ハマチ・キスなどの沿岸漁業が行われ、マツバガニ(ズワイガニ)を水揚げする。大山(だいせん)隠岐(おき)国立公園の観光基地。米子空港がある。美保湾岸に皆生(かいけ)温泉がある。米子城跡、青木遺跡、淀江町の妻木晩田(むきばんだ)遺跡(弥生時代中期後半から古墳時代前期)、上淀廃寺跡はいずれも国指定史跡。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳥取県米子市の関連情報