鳥取県西伯郡伯耆町(読み)ほうき〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕伯耆〈町〉(ほうき〈ちょう〉)


鳥取県西部にある町。大山(だいせん)西麓、日野川中流域に位置し、北西部で米子市に接する。西伯(さいはく)郡
2005年(平成17)1月、西伯郡の岸本町と日野郡の溝口町が合併して成立。米子(よなご)市寄りの地域では同市のベッドタウン化が進む。稲作と酪農、スイカ・白菜・白ネギ・花卉(かき)などの栽培が盛ん。溝口地区は江戸時代には出雲(いずも)街道の宿場町として栄えた。桝水(ますみず)高原にはキャンプ場ゴルフ場、スキー場があり、大山観光の一中心となっている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android