鳥取県西伯郡南部町(読み)なんぶ〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕南部〈町〉(なんぶ〈ちょう〉)


鳥取県西部にある町。米子(よなご)市南部と、島根県安来(やすぎ)市に隣接する。西伯(さいはく)郡
2004年(平成16)10月、西伯郡の西伯町、会見(あいみ)町が合併して成立。稲作とカキ・ナシ・イチジクの栽培が盛ん。日用陶芸品の法勝寺(ほっしょうじ)焼を特産する。殿山(とのやま)古墳や金田瓦窯(かねだかわらがま)跡など史跡が多く、手間(てま)山は『古事記』の大国主命(おおくにぬしのみこと)神話の舞台。法勝寺・城山(じょうざん)公園はサクラの名所。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android