鳥取県西伯郡大山町(読み)だいせん〈ちょう〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔鳥取県〕大山〈町〉(だいせん〈ちょう〉)


鳥取県西部にある町。大山北麓に位置し、日本海に臨む。西伯(さいはく)郡
2005年(平成17)3月、西伯郡の旧大山町、名和町、中山町が合併して現在の姿となる。御来屋(みくりや)港はブリ・ウニ・ワカメなど沿岸漁業の基地。稲作のほか、ナシ・リンゴ・白ネギ・シバなどの栽培が盛ん。大山寺地区は山岳信仰で栄えた門前町で大山観光の中心。山腹にはスキー場が点在する。国指定史跡の妻木晩田(むきばんだ)遺跡(弥生時代後期から古墳時代前期)がある。松河原(まつがわら)地区のハマナス自生南限地帯は国の天然記念物に指定されている。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android