コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清信(初代) とりい きよのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清信(初代) とりい-きよのぶ

1664-1729 江戸時代前期-中期の浮世絵師。
寛文4年生まれ。初代鳥居清元(きよもと)の次男。鳥居派の始祖で鳥居家初代。父と大坂から江戸にうつり,芝居の看板絵をかく。一枚摺(ず)りの役者絵を考案し,瓢箪足(ひょうたんあし),蚯蚓描(みみずがき)という鳥居派独自の画法を創造。美人画にもすぐれた。享保(きょうほう)14年7月28日死去。66歳。通称は庄兵衛。代表作に「上村吉三郎女三の宮」「風流四方屏風(びょうぶ)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鳥居清信(初代)の関連キーワード総合年表(アメリカ)水野十郎左衛門ニコルズ工藤治兵衛南部重直秋田藩モリエール鳥居清信メリエ鳥居清信

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone