コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清信(2代) とりい きよのぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清信(2代) とりい-きよのぶ

?-1752 江戸時代中期の浮世絵師。
初代鳥居清信の3男。2代鳥居清倍(きよます)と同一人物説もある。享保(きょうほう)14年父の死後2代を襲名,役者絵のほか草双紙の挿絵をかいた。宝暦2年6月1日死去。享年は51歳とも,54歳ともいわれる。宝暦10年まで清信と署名された作品があり,その名は複数の絵師によって使用されていたとみられる。通称は庄兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居清信(2代)の関連キーワードコンバウン朝タウングー朝談義本ナッシュアラウンパヤータウングー朝賀茂真淵(かもまぶち)滑稽本コンバウン朝堀景山

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android