コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清信(2代) とりい きよのぶ

1件 の用語解説(鳥居清信(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清信(2代) とりい-きよのぶ

?-1752 江戸時代中期の浮世絵師。
初代鳥居清信の3男。2代鳥居清倍(きよます)と同一人物説もある。享保(きょうほう)14年父の死後2代を襲名,役者絵のほか草双紙の挿絵をかいた。宝暦2年6月1日死去。享年は51歳とも,54歳ともいわれる。宝暦10年まで清信と署名された作品があり,その名は複数の絵師によって使用されていたとみられる。通称は庄兵衛。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鳥居清信(2代)の関連キーワード籟堂大森善清珠雀斎詮茂東燕斎寛志鳥居清久蟠竜軒藤田秀素万月堂吉川盛信

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone