コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清元(初代) とりい きよもと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清元(初代) とりい-きよもと

1645?-1702 江戸時代前期の浮世絵師。
正保(しょうほ)2年?生まれ。初代鳥居清信(きよのぶ)の父。もと大坂歌舞伎の女方だったが,貞享(じょうきょう)4年江戸にうつる。市村座などの看板絵をかき,以後鳥居家が江戸の芝居小屋と専属関係をもつ基礎をきずいた。元禄(げんろく)15年4月28日,58歳?で死去。本姓は近藤。通称は庄七。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

鳥居清元(初代)の関連キーワード正保