コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居清元(2代) とりい きよもと

1件 の用語解説(鳥居清元(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清元(2代) とりい-きよもと

?-? 江戸時代後期の浮世絵師。
鳥居家4代清長の門人という。江戸小梅村にすみ,文政-安政(1818-60)のころ作画した。向島の牛島神社の額「矢の根五郎」には72歳筆としるされていたといい,長寿だったとおもわれる。通称は金次郎,三郎助。別号に雪光斎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone