鳥居清忠(3代)(読み)とりい きよただ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居清忠(3代) とりい-きよただ

1817-1875 江戸後期-明治時代の浮世絵師。
文化14年生まれ。2代鳥居清忠の子。江戸住吉町で家業の薬屋をしていたが,2代鳥居清満(きよみつ)(鳥居派宗家5代清峰(きよみね))の弟子となり,3代清忠を襲名する。芝居絵のほかに勘亭流の書もよくした。明治8年6月15日死去。59歳。本姓は山口。通称は善右衛門。別号に三礼堂,昇竜軒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android