コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥屋・塒(読み)とや

大辞林 第三版の解説

とや【鳥屋・塒】

鳥小屋。特に、タカを飼う小屋。
ツグミなどの小鳥をとるため設けた小屋。
タカの羽が夏の終わりに抜け、冬にはえかわること。その間にこもることからいう。
遊女が梅毒のために髪が抜けること。また、梅毒。 「髪は-を患ひしと見えて生え際薄く/洒落本・十界和尚話」
舞台花道の揚げ幕内に設けた小部屋。俳優が花道の出を待つ所。
[句項目] 鳥屋に就く

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる